TOP

葬儀の希望を叶えるためには葬儀社選びがポイント

近年は新しいタイプの葬儀が行われるようになってきました。日本もグローバル化が進み従来の葬儀以外の形式を希望する遺族も増えています。外国の方は外国式の葬儀を希望することも多くなってきていますし、仏式でない葬儀に対応することも必要になってきています。このような新しい流れに対処する形で葬儀社の形式も大きく変わってきています。従来の2日間かけて行うスタイルに変わって、1日で葬儀を完了させてしまうようなケースも増えています。また、小規模な葬儀である家族葬も人気があります。これは、外国では一般的なものとなっています。このように新しいスタイルが流行してきてはいるのですが、それに完全に対応することができる葬儀社はそれほど多くありません。従来の葬儀のあり方に対してかなり柔軟性を持たせたものとなっているので、簡単にそれに対処することができないということがその原因となっています。しかしながら、世の中の流れに対して先駆けた対応を取っている葬儀社も存在しています。このような会社では新しいタイプの葬儀にも対処できるようになっています。

天光社(https://1000kaze.jp/)は、60年以上の実績を持った葬儀社ですが、いち早く新しいタイプの葬儀への対応もスタートさせることに成功しています。お客様の喜んだ顔を見るために業務をしているというスタイルで仕事をしています。葬儀だけでなくそれ以前の段階やそれが終わってからも幅広いサポートを天光社(https://1000kaze.jp/)は行ってくれます。葬儀後のお墓のことについても相談に乗ってもらえますし、その後営まれる法事についてもしっかりサポートしてくれます。

天光社(https://1000kaze.jp/)は独自の斎場を持って運営しているので、あらゆる形式の葬儀に対処できます。他の会社の斎場を借りる形になってしまうと色々な制約が出てきてしまって、自由に葬儀のアレンジができなくなってしまうことも考えられます。それを無くそうという理念から天光社(https://1000kaze.jp/)は独自の斎場を運営しています。斎場を使う場合には原則として貸切体制になるので、他の遺族に気兼ねすることなく自分たちだけの葬儀を行なうことができます。明るい感じの葬儀を希望するのであればそれに対処してもらえますし、一方で故人の好きだった花で斎場を飾りたいというような希望にも対処してもらうことができます。

お知らせ

[2019年04月26日] ホームページを更新しました。

ページの先頭へ戻る